本当にやらない人のためのやる気の出し方。ナマケモノに贈るライフハック

本当にやらない人のためのやる気の出し方。ナマケモノに贈るライフハック

※これは自分へ喝を入れるために書いたものです。

拝啓ナマケモノ諸君…

「さて勉強するぞ」「プログラミングするぞ」「ブログ更新するぞ」と思ってもなかなか腰が上がらないことがあります。

そんなときに私がやっていることを紹介します。

やる

やります。もうこれしかないです。

四の五の言わずにやる。シンプルな答え。宇宙の真理。

「やる」について

まあ、出来ないのは分かってます。出来ないから今私はこれを書いているんです。

やる気が出ないときは、一つひとつ潰していきましょう。

まとめサイトやテレビは沼

まとめサイト、テレビはダメの図

「まとめサイト」はニュースサイトやおもしろ系のサイトのことを指します。

延々と終わらないコンテンツが垂れ流しになっていると、人間の脳は考えることをやめます。

ダメです。一旦閉じましょう。

やるゲージを「虚無→0.5」にする

 

虚無を0.5にする図

ブックマークに「やる」フォルダを作って、尊敬しているデザイナー、ブロガーなどの「やる」に関わる内容の記事をブックマークしておきましょう。

本気でやる気がなくてダラダラしてしまっているときは、

  1. とりあえず」そのフォルダを開いてみる。
  2. 一瞬だけ」見てみる。
  3. 少しだけ」想像してみる。

これをやってみてください。

虚無だったモチベーションが0→0.5くらいに上がっているはずです。

「やる」を細分化する

漠然とした内容の場合、やる気が出ないことがあります。

例えばブログ作成の場合は

✗「ブログを書く」

○「タイトルを決める→見出しを決める→見出し毎の内容→アイキャッチの作成」

こんな感じで具体的なタスクを決めていけば、わずかに「やってみようかな」という気持ちが湧いてきます。

期限を設けて宣言する

やる気を出すうさぎ

やる気を出す例として、「期限を設ける」というのがあります。

ですが、私は期限を設けてもやりません

なので、自分以外にも共有することで焦りをもたせます。

  • Twitter
  • Line
  • 家族
  • ペット

宣言することで気が引き締まります。

また、記録に残しておくと、もし出来なくても「出来なかった記録」が発生し、今後の役に立ちます。

触(さわ)る

さわります。ふれます。

プログラミングする場合は、パソコンに「触れる」。

デザインをする場合、デザインの本に「触れる」。

ふれるだけいいです。

そして自分が「やっている」ことを想像する。

あわよくば一瞬だけやってみる

そしたら案外長時間続いたりします。

寝る

仕事終わりなんかは、本当にダメです。

脳の80%くらいもう使用済みです。

あなたは疲れています。

寝ましょう。

もし気力が残っていたら、次の日の朝少しはやく起きて手をつけてみましょう。

ついでにサプリやビタミン剤を飲むといいです。

いつか終わりはくる

やっていればいつか終わりは来ます。

早く終わらせてしまうのが一番です。

でもわかります。やる気出ません。

やる気でないときは、もう大丈夫です。

一緒にダラダラしましょう。

ダラダラしたいときは@higemeganenomaまで。

 

スポンサーリンク

おすすめ本の紹介

直感的にデザインが分かっちゃうスバラシな本です

余白の大事さがギュッとこの一冊で分かっちゃう

WP中級者向け。テーマ作成で役立ちます。

関連記事